ファミリー

成長期のタイミングが秘訣!身長伸ばすなら有効成分の摂取が必須

サプリメントや目薬の活用

眼精疲労

目の健康維持には

現在はパソコンやスマートフォンなどが普及した影響で、眼精疲労を訴える人も少なくありません。眼精疲労はその名の通り目が疲れている状態のことを指し、充血や目のかすみを訴えることもあります。更に眼精疲労から、肩こりや頭痛などの症状に広がることも少なくありません。眼精疲労が生じるのは目の使い過ぎが原因ですが、それによって目の周辺の毛細血管の血流が滞っていることがあります。まずパソコンやスマートフォンを見すぎないようにすることが大切ですが、同時にサプリメントも活用すると良いでしょう。ブルーベリーにはアントシアニンが含まれていて、これには目の網膜などにある毛細血管を丈夫にして、血液の流れを良くする作用があります。これにより目の隅々に酸素や栄養が行きわたり、目の疲労回復に効果を示します。

おススメの目薬

眼精疲労を緩和させるために、市販の目薬を使うのも一つの方法です。市販されている目薬の数も増えていて、どの目薬を使えばよいか迷ってしまうこともあるでしょう。適切な目薬を選ぶことが、眼精疲労を改善させるためにとても重要です。例えば目の渇きやドライアイの症状から目の疲れを感じる場合は、ヒアルロン酸が含まれた目薬がおススメです。ヒアルロン酸は涙液に近い成分であり、また粘調性を高めて目の渇きを防ぐ効果があります。更には目の疲労回復に効果があるビタミンB6やビタミンB12、タウリンやパンテノールが含まれた目薬もおススメです。また目の炎症や痒みによって眼精疲労が生じた場合で、かゆみの原因が分からないときは抗ヒスタミン成分のクロルフェニラミン含有の目薬が勧められます。